前へ
次へ

調理法によって七変化する食材

食材と調理法の組み合わせによって、違った料理名がつけられています。
例えば、ヘルシー志向の人や、美食として女性たちに人気なのは大豆イソフラボンが摂取できる「豆腐」です。
調理法は、そのままなら「冷や奴」、お鍋で豆乳と一緒に温めることで「湯豆腐」になります。
味噌を入れれば「お味噌汁」になりますし、中華鍋を豪快に振るう調理法では「麻婆豆腐」になります。
油で揚げれば「厚揚げ」に変身するなど、七変化するのも魅力です。
そのため、食べるダイエット食にも利用されています。
調理法を変えるだけなのに、味や食感に飽きることがないのは魅力以外、言い表す言葉も浮かびません。
また、豆腐は冷凍してから使えば、肉のような食感に変化したり、乾燥させて高野豆腐にしたり、水気をしっかり取ればチーズのような舌触りを楽しむことができるようです。
豆腐からは、厚揚げやうすあげができます。
また、豆腐は絹や木綿もあり、角が崩れないのは木綿で、使い分けることがおすすめです。

Page Top