前へ
次へ

調理法によって七変化する食材

食材と調理法の組み合わせによって、違った料理名がつけられています。
例えば、ヘルシー志向の人や

more

鶏胸肉をおいしく食べるための調理法

鶏胸肉は固くてぱさぱさしていて食べづらい、という意見をよく聞きます。
しかし、調理法を工夫する

more

野菜の栄養をムダにしない調理法について

野菜を摂取する際にはその野菜に含まれるビタミンの種類によって調理法を変えるのが効果的に栄養素を吸収す

more

ほくほくのじゃがいもを食べるための調理法

ボリュームのあるお腹にも溜まってお腹がすきにくい料理を食べたいと思ったら、選ぶべき調理法は揚げ物です。
高温の油を使い様々な食材を油で揚げていきますが、いずれもたっぷりの油を含むのでお腹に溜まりますし、食べた後しばらくお腹がすくこともありません。
高カロリーな食事にはなりますが、食べ過ぎなければ過度に太る心配もなく、ヘルシーな生野菜なども一緒に食べるようにすることで、全体的な栄養のバランスも良くなります。
ほくほくのじゃがいもが食べたいと思ったら、調理法は時短でできる圧力なべを使うより、オーソドックスな蒸かす方法にしたほうが美味しく仕上がります。
あっという間に柔らかい料理を作ることのできる圧力なべですが、じゃがいもを圧力なべで火にかけると、仕上りが水っぽくなりがちです。
でもなべに水を張りゆったりと蒸かすことで、本場北海道で収穫したての新じゃがのような、ほくほくの美味しい蒸かしじゃがいもを食べることができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren8set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

夏の時期に旬を迎えるオクラは生でも食べることができますが、軽く加熱をすると柔らかくて、より一層食べやすいです。
鍋に湯を張り熱湯でゆでるやり方もありますが、調理法として鍋で蒸かすと色鮮やかでちょうどよい食感になります。
時間は本当に少しだけの加熱で良く、そのままでも甘みが感じられますが、わさび醤油にかつお節をかけたりするのも乙な味わいです。
生のオクラは食感が少し硬くて苦手であったり、周りのけばけばが気になると言う人でも、軽く蒸かすと驚くほど食べやすいことがわかります。
難しいという印象を持たれやすい煮物ですが、調理法として煮込む料理は思いのほか簡単です。
鍋に材料を入れて加熱して時間を置けば出来上がりなので、材料と調味料の量さえ間違わず加熱時間さえ守れば誰でも美味しい煮物をつくることができます。
野菜など具材はそれぞれ適した煮る時間もあるので、その点も気を付けて何度も繰り返すことで、煮物作りの楽しみを感じるようになりますし、得意料理になる日もそう遠くはありません。

Page Top