前へ
次へ

調理法を変えることの大切さ

同じ食材でも調理法を変えることによって、全く違う食感になったり、味も変わるということがあります。
出来るだけ多くの野菜を摂取したいと考えた場合には生ではなく加熱をすることが推奨されています。
加熱をすることによって、容量を小さくすることができるのでより多くの野菜を摂取することができるようになります。
ただし注意をしなければいけないのが、加熱によって失われてしまう栄養素がある、ということです。
熱に弱い栄養素があるので、加熱をするべきなのかそのまま食べるのかということも考えなければいけません。
栄養素を常に考えて食事をするというのはつまらなくなってしまいます。
味のバリエーションを求めるためには調理法を変更するのが好ましいです。
色々な方法で調理をすることによって、食事そのものも楽しむことができるようになってくるでしょう。
食材からどういう料理がいいのか考えてみる、というのも楽しいかもしれません。
工夫も必要です。

Page Top