前へ
次へ

鶏胸肉をおいしく食べるための調理法

鶏胸肉は固くてぱさぱさしていて食べづらい、という意見をよく聞きます。
しかし、調理法を工夫することでおいしく食べられます。
普段している調理法を見直し、一工夫することで思っているよりもずっとおいしく食べられるでしょう。
やり方としては複数あることを知っている人も少なくありませんが、最も定番なのはたたくことです。
薄くなるまで肉たたきや麺棒などを使ってたたきましょう。
たたくことで実際にやわらかくはなりますが、料理の範囲が狭まってしまう可能性が高いです。
また、塩糀につけて置くやり方もありますが、塩分の調整や料理の限定される可能性があるため、ある程度目的がはっきりしている人向けといえるでしょう。
一番色々な調理に使えるものとしては、砂糖と塩を溶かした水で揉んで、その後下味をつけ、料理する方法です。
これによって触感が大幅に変わり、さまざまな調理に使うことができるでしょう。
また、一部では重曹と塩を溶かした水に漬け込んでから調理に使う方法もあるため、好きな方法を選んでください。

Page Top